サイトマップ

デメリットもしっかり知る

任意手続きをすると、利息が減少するメリットがありますが、もちろんメリットだけではなくデメリットもあります。

 

中には、メリットばかりを強調してデメリットの説明がほとんどない弁護士や司法書士もいなくはないので、デメリットに関してもしっかりと説明がなされる人を選びましょう。

 

デメリットに関する説明

弁護士や司法書士から、任意整理のデメリットの説明があります。任意整理を行なうと信用情報機関に事故情報として登録されること。この際、いわゆる「ブラックリスト」に登録されると分かりやすく説明してくれる人も多いです。

 

ブラックリストに登録をされると、その後5年間は新たにローンカードやクレジットカードを発行したり、ローンを組んだりすることができないことなどのデメリットが説明されます。

 

最終判断を相談者に仰ぐ

これらのデメリットを丹念に説明した後、すぐに任意整理の手続きに入るわけではなく、最終的な判断を相談者に仰ぎます。

 

ブラックリストに登録されると、携帯電話を分割払いで購入するのもできなくなりますが、そういったデメリットとメリットを天秤にかけて、任意整理の手続きに入っていいのであれば次に進みますし、いやであればその他の解決方法を探ります。

 

詳しい任意整理のデメリットは実際の相談時に聞いておくと良いですが、大まかな内容であれば任意整理のデメリットや欠点で確認ができます。